読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗嬢ユリア

ようこそ欲望で溢れる世界へ

彼に惚れた話

 

 

 

彼と出会ったのは一年前の四月。

 

フラリと来てくださった一回り年上の男性。

 

 

第一印象ははっきり覚えていませんが

無口な人だったので会話に困った事だけは

とても覚えています。

 

 

一回目に会って時間が来てバイバイする時

彼は私の目を見て「また来ます」

そう言って駅まで歩いて帰りました。

 

 

お客様のその言葉を信じた事はありません。

 

この時もそうでした。

 

でも三日後、彼はまた来てくれました。

正直驚きました。

全く楽しそうじゃなかったから。

 

 

「本当に来てくれたの?」

そう聞くと彼は

「また来るって言ったじゃないですか」

 

そう言って微笑んでいました。

 

 

 

私がその人の事を好きになったのは

何がきっかけとかそんなものはありません。

 

 

ただ抱きしめられた時

とてもとても幸せな気持ちになったから。

 

 

人生で初めて、抱きしめられた事に

幸せを感じたからです。