読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗嬢ユリア

ようこそ欲望で溢れる世界へ

彼に惚れた話

 

 

 

二ヶ月が過ぎても彼は

変わらず私の事を指名してくださり

私は唯一その中の時間だけ

ユリアから普通の女の子になっていました。

 

 

彼はいつもラスト枠で来てくれていて 

この頃から彼が来てくれた日はお仕事終わりに

毎回ご飯を一緒に食べて車で送ってもらう

のがいつものパターンになっていました。

 

 

お仕事が終わり店を出ると

もうユリアではありません。

だから車の中では私に一切触ってこず

本名で呼んでくれました。

 

 

ご飯を食べに行くお店も

洒落たようなお店でもなく

ラーメン屋さんとか、ファミレスとか

そんな色気のないお店ばかりでしたが

私はとても心地よくて

いつか誰かが言っていた

「どこへ行くかよりも誰と行くかが大切」

という言葉の意味を理解しました。

 

 

もうこの時から私は

彼無しでは生きていけませんでした。