読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗嬢ユリア

ようこそ欲望で溢れる世界へ

彼に惚れた話

 

 

私が彼に抱いていた感情は

恋心とかトキメキとかそんな甘い言葉は

似合ってなくて、独占欲と欲情。

 

この2つの感情で

私は彼に依存してしまいました。

 

 

彼に触られたところは

いつまでも暖かくて心地よくて

彼の腕の中で眠れたらどんなに幸せだろう、と

何回も何回も思いました。

 

彼との行為の最中は

何も言葉を交わしません。

 

お互いの目を見て、お互いの吐息で

通じ合っていたような気がしました。

 

 

ホテルを出てお店まで歩く時は

手を繋いで歩いて帰りました。

 

 

雨が降っている時は彼が傘を持ってくれて

私の方は傾けてくれました。

 

そのおかげで彼の右肩はびしょ濡れで

そんな優しささえも私の生きる糧になっていました。